貯金の底がみえてきた。雨の9月。

絶望しているわけではないのだ

小さな希望だけ 信じている

 

歯車を止めてしまった。

 

止めて 少し時間が経って、静かになってしまったので

ちょっと不安が襲ってくるのであった。

 

 

ちゃんと動かせるかな

 

初動の力が出なくなってたらどうしよう

 

 

なぜなら私は

リラックスを楽しみすぎて

 

ちょっと働きたくなってきたというのに

環境が全く整っていないのだ。

 

 

もうダメだ。

私には、気力がないのだ。 そう錯覚する

 

 

2021年の9月は

雨ばかり

 

9月になった途端に

 

夏がすぱっと終わってしまった。

残暑もなく 涼しい雨

 

 

取り越し苦労ばかりの子がいる

その子に私はいつも 言ってるはずなのだ。

 

「もしダメだったらどうするのよ!」という彼女に

 

「 (多分だめじゃないと思うけど、) ダメだったらその時 考えよう~」

 

 

それなのに

今の私は その子と同じような気持ちになっている。

 

 

まだダメだと確認したわけではないのに。

 

 

その子は心配していて、だいたいその時私は

 

「いや、大丈夫でしょ」と思っている。

 

 

 

陰があって陽があって

光があって影があって

裏があって表がある

 

それだけのこと

 

山あり谷あり

苦あれば楽あり

 

人生 楽ありゃ 苦もあるさ

 

宇宙はそうやって

いつだって シンプルなのだ。と知っているのに

 

私はもやもやしているのであった。

 

 

グティが健康で元気でいること

 

家族が健康で生きていること

 

負の感情を私に送ってきたりしない事

 

屋根がある場所で眠れること

 

お腹が痛くなっても

トイレという空間が私を助けてくれること

 

寝起きが悪くても

お布団が暖かく私を包み込んでくれる

どれだけ二度寝をしても、

誰も私を怒らない。

 

働いていないけど

今日1日は何も問題なく過ごせる

 

今 この時 問題が起きているわけじゃない

 

 

これで充分な豊かさ

豊かさに感謝している

 

心地よく過ごしていれば 何も問題はない

 

わかっているけど

貯金の底がみえてきた、雨の9月。

 

 

暑くなってきた6月の初夏に、飲まなくなったホットコーヒーを

キッチンから引っ張り出した。

 

今、私には

アイスコーヒーもあるし

ホットコーヒーもあるし、

 

緑茶もあるし

炭酸水が無限に作れる装置もある

 

 

深呼吸でもしてりゃ

平和でいられるのに。

 

 

夜明け前が一番暗いとか

そういう言葉で 自分を励ましたくなっている。

 

動けないのだ。

 

お金さえたくさんあれば

こんなに悩まなくても良いのにな

 

そう思うけど

 

お金が減っている今だからこそ、

味わえる体験もあるのだと

言い聞かせてみたりする。

 

f:id:milimilisadca:20210919004816j:plain

買物の途中に咲いている かわいいお花

 

f:id:milimilisadca:20210919004854j:plain

調べてみたけど名前がわからない。
芙蓉 に似ているような気がする

 

 

不安の中で

希望の種を蒔くのは なかなかむずかしい。

 

ヒントが欲しいなら、

瞑想しなさいってこと

 

未来の私に、

チャネリングしなさいってこと

 

未来の私が

笑顔で

今よりも

少しだけ良い服を着ていたら嬉しい

 

未来の私が

グティシャンパンを開けている

何か嬉しい出来事があって。

 

晴れた空の下で

北海道ツーリングをしている

自然を全身に感じながら、風になる。

 

 

写真で想像する

 

弟子屈ラーメンを食べている私たち。

 

貸し切りの露天風呂から空を見る

あの時の 気分。

 

旅の途中

友達の喫茶店で、カフェオレを飲む

 

家でペットを預かってくれるのは

うちのスタッフ

 

毎日ラインをくれる

「みんな元気、ごはんも ちゃんと食べていますよ~」

 

フィルムの1枚

 

体が大きいから 目立つ私たち

 

バイクに乗って

 

会いたい人と写真を撮る

 

笑顔

 

 

今できること

 

妄想

 

こういう妄想。

 

 

早く夜が明けろーー

キッチンを作る(8月はバタバタ)

f:id:milimilisadca:20210904001112j:plain

イエローの壁にします

 

8月が終わってホッとしている。

 

猛暑からの解放、 秋の風。

大好きな秋がやってくる。

 

私の理想の作業場・第2段。

キッチン作りに勢いがついてきた。

 

f:id:milimilisadca:20210904001304j:plain

マチュアイエロー。めちゃかわいいイエローのペンキを見つけた。

 

木のかべに 無心で塗る。

私は黙々と手を動かすのが好きだ。

 

雨の日、晴れの日。

 

お天気に翻弄されながら、キッチンづくりは進む。

f:id:milimilisadca:20210904001349j:plain

まんまちゃん?の配色になった。

柱はチョコレート色

秋っぽい、良い色になった。


ペンキ作業は手がとても汚れるので、料理をする気にならない。

f:id:milimilisadca:20210904001424j:plain

おやつは 大好物のマロンコロン。小樽でしか買えない幻のクッキー。

f:id:milimilisadca:20210904001502j:plain

ニャー達も、暑さとエアコンの寒さとの疲れから解放されるね。

 

流れに乗っている。良い流れ。

 

8月、こっそりオンライン通販で、何とか乗り切った。

 

ビールが美味しくて、ビールのために生きている夏休み。

 

私の仕事は、2段階めに突入した。

 

売り上げが入ってこない月に突入した。

仕事をしているのに、収入のない9月。

 

今のうちに、すべて味わいたい。

味わっていて、良いのだ。

 

好きなだけ睡眠をとって、

好きなだけビールを飲んで、

ひとつ仕事を進めるごとに、もう変化が目まぐるしい。

すぐにアップデート中になる。

 

私はスリープ状態。

 

変化がすごくて、私はよく眠るのであった。

 

 

今年の楽しみかたは、物々交換。

これは 余裕がないと、楽しめないこと。

 

歯車を休ませて、

右腕の痛みも、休ませて

 

豊かさだけを感じて、

食べ物とお酒を心から味わって

 

猫のふわふわを、味わって

 

今のうちに休んでおこう。

アップデート期間は充電期間。

 

「仕事に追われない時期」なのだと、

思う存分、休もうと思う。

 

不安 や 罪悪感 を少しだけ感じたら

猫を見る。

 

猫はリラックスをくれる。

猫はいるだけで、役に立つ。


f:id:milimilisadca:20210913003805j:image

さっき起きたけど ちょっと走り回って

また眠くなる子

夏休みの仕事

今年の8月は、夏休みどころか、とても働いている。

 

私は2月と8月に休める生活をするのが夢であり、目標である。

 

暑すぎる8月と、寒すぎる2月。

8月は、絵を描いたり、ウクレレを練習したりして、犬や猫とのんびり

早い時間からビールでも飲んで、夏の夜を楽しんでいたい。

 

それがなぜだか、今年は仕事をしている。

夏休み中なのに、夏休み中の仕事を頑張っている、という感じだ。

 

私がエネルギーを放つと、それがほしい!とお金を払ってくれる人たちがいる。

すると私は感謝の気持ちと、喜びでお返事のやり取りをする。

 

あっちからあの子のメール、返したら 次はこっちからこの子のメール。

 

いつも一人でぼけーっと過ごしているのに、1日でたくさんの人たちとメールでつながって、交差する。

 

お返事のやり取りにどどーーーーっと疲れて、次の日は休んだ。

 

休みながら、味わった。嬉しい気持ちを。すぐに動き始めるのではなく。

 

そして「今日から何かちょっと動いてみるか」という仕事スイッチが入り、

流れに乗って思いついた雑務からどんどん手を付けていく。

 

 

あっという間に夕方だ。

グティがビールとアメリカンドッグを持って帰ってくる。

 

 

まだ明るいのに、外で飲むビール。アメリカンドッグにかぶりつく。

ジャンクフードのほんのりした甘いところに癒される。

 

「最近セブンイレブンで安くて揚げたてなんだよ~」

 

ついついビールと一緒に、アメリカンドッグを2つ買ってきてしまうミグティ

 

 

すると、そこで私の今日の仕事がだいたい終わりになる。

 

「続きは明日だなー」

 

 

なんてゆるい働き方なんだ、と書いていて思うが

暑さにとことん弱い私は、夏はいつもの20%くらいしかパワーがない。

 

大した仕事量ではないのだが、汗をたくさんかいて、どっと疲れている。

 

 

これを繰り返しているうちに、夏休みの働き方というのがわかってきた。

 

私はメールチェックをする頻度が高すぎるのだった。

 

「今日はここまで」と決めたら、もう仕事の依頼は覗かない。なるべく。

 

メールの返信をソワソワ待つ時間

「無理すれば間に合うかも」といった、流れに逆らって頑張ろうとするアイディア。

 

 

これをどれだけなくしていけるか、が課題だ。

 

 

グティはやることが目の前にたくさんある時、

まずバイクで10分くらい、自然の中を走ってくるのだそう。

 

そして帰ってきてからそのまま動き始めるそうだ。

 

気持ちが良いことをまず先にしておけば

あとは流れるまま。

 

私もバイクはあるけど、走りたい道がない。

 

目的地がないのにバイクに乗りたくない。

 

そういう気分があがって1日を始められるツールみたいなものが

必要だ、見つけなくては、と思った。

グティがとても羨ましい。私でいうそれは、何だろう?

 

朝の瞑想と、アイスカフェオレ。

 

洗濯物を干しながら、晴れた空を見上げること。

 

 

他になにかないかなぁ。。。。 

 

 

今週の猫たち。

f:id:milimilisadca:20210820222122j:plain

衣装ケースを猫用のトイレにしようと思って買ってきたのに。

気に入ったみたいで、出てこない。

 

 

f:id:milimilisadca:20210820222243j:plain

「トイレにするまえに、すこしここであそんでいたい~」

 

 

でもこうして、夜にブログを書いて更新する時間を作れている。

 

2週間に1度。金曜日の夜にブログを書く。

 

書き終わったら

 

夜の瞑想をして、眠る。

 

だからこのブログは、私にとって必要なツール。

誰も見ていないから、何でも自由に書ける。

 

 

今さっき、ミグティにこの話をしたら、

 

「じゃあさ、明日の朝、アイスカフェオレを

水筒に入れて、バイクでいつもの自然の所で朝瞑想を一緒にやるというマッシュアップはどうよ?」

 

という驚きの提案。

 

良いかもしれない!

 

明日も頑張ろ~ 朝の楽しみができた。

夏バテと、デジタルデトックス。

2021年も猛暑である。

 

夏には立ち向かわない。堂々と『夏バテのため、お休みします』というはり紙を

今日作ったところだ。

きっと、みんなもわかってくれるだろうということにして。

 

f:id:milimilisadca:20210806215224j:plain

 

私は、占いやスピリチュアルなお話しが好きである。

 

好きというより、何かを信じて生きていけたら

悩みが少なくて済みそうだからだ。

 

とにかく気楽に生きていきたい。

 

私は、なんでも拾いすぎる。

 

 

猛暑なので頑張らない。

 

今は、頑張らないことと、

瞑想にハマっている。

 

寝る前の、1時間を必ず確保して

 

瞑想というより、ストレッチしながらボーっとしている。

 

するとますます、ダルくなってきた。

 

ライオンズゲートというのが開いているらしい。

多分、今瞑想するのに良い時期なんだろうな、だから私は瞑想しているのだろうな。

 

 

夏バテの季節、瞑想して明晰どころかダルくなっている。

 

多分これが、今の私の正解だ。

それは身体が納得している。

 

午後4時からビールを飲んでいるからダルくなっている、というのもある。

私は今 ボンヤリしていたい。

これも全部私の正解だ。

 

たまたま観た映画。『めがね』。二回目。

 

何年も前に、一回目を観た時は「癒されたけど、ちょっとよくわからなかった」という感想だったと思う。

 

二回目。「天国は退屈であってほしい、デジタルデトックスと手放し。私はまだ才能がちょっと足りない」と、思った。

 

毎日の瞑想でひとつ変わったことがある。

 

映画が今までと違う感覚になっている。

 

作り手の気持ちがわかる。登場人物の心情に入り込むのが得意になった。

まるでその人を経験させてもらっているかのように、味わう事ができるようになった。

 

だから昔より映画が面白い。ただの暇つぶしではなくなった。

私にも、こういう世界線があったかもしれないな。という視点になれるということは、

色んな人に変身している気分だ。

 

どんな映画を観ても面白くなった。

 

これは、瞑想によって一番変化を感じていることである。

 

 

感受性が豊かになりすぎて、あふれている。

 

式日』という映画は、終始泣いていた。何かずっと刺さり続け、わけも分からず号泣していた。

景色の美しさと 空気感 感情が こみ上げてくる こみ上げ続ける、不思議な体験をした。

 

『ミッドサマー』という映画もかなり印象的だった。

そういう価値観で生きていたら、そういう視点で世界が見えていたら。

それはその人にとっての正解。信じているもの、人それぞれ。何でも受け止めてしまいそうになる、ホラー映画はちょっと刺激が強すぎる。

 

 

 最近のニュースは本当に酷い内容ばかりが目立つ。

 

ニュースに目を通すと気分が悪くなる。

 

内に入れてはいけない。

 

俯瞰しなくては、こちらがやられてしまう。

 

夏バテなのか。このダルさ。

 

瞑想とデジタルデトックスをなるべく、なるべく心がけて

8月8日を穏やかに過ごそうと思う。

 

 

f:id:milimilisadca:20210806215242j:plain

おかあさんはスマホばっかりみているからなあ

 

f:id:milimilisadca:20210806220046j:plain

またスマホーーー みるのやめろーーー

 

夏の始まりと、ミグティの男飯

7/16に梅雨が明けた。夏の始まりだ。

 

最高気温は毎日毎日、30℃超え。本当に毎日ずっと快晴である。

 

洗濯物がよく乾く。

それは良いのだが、3度はシャワーに入るので洗濯物も3倍に増えている。

 

青空を久々に見たなあ、と思った。

夏の空は気持ちが良い。

 

北海道出身の私が関東の夏を過ごすのも、今年で9年目。

 

今年こそ、きっちり夏を感じようと思う。

暑さと向き合って。

年々暑くなっている気がすることは、置いておいて。

 

洗濯物を干す時 太陽をこれでもか、というくらい浴びている。

焼けるような暑さのなか、干し終わってしばらく経つと、とても気分が良くなっていることに気づく。

 

梅雨の時期には日光浴が出来ていなかったから、自ずと鬱々していたのか。

真っ青な夏の空を見ながら、太陽ありがてぇ。。と思うのだった。

 

これから本格的になる夏に備えて、

思いつく快適グッズを集めに100円ショップへ行った。

 

久々にじっくり見る100円ショップの楽しさったら。

 

 

f:id:milimilisadca:20210723004518j:plain

サラサラ素材の首に巻くバンダナ的なやつ

 

f:id:milimilisadca:20210723004558j:plain

この中に、保冷剤をしのばせる!

 

f:id:milimilisadca:20210723004635j:plain

服がスースーする、ハッカのスプレー

 

f:id:milimilisadca:20210723004725j:plain

冷感マスクというのも3種類。どれが良いのか比べてみたい。

 

1週間くらい使ってみたけど、保冷剤を首に巻くのがかなり快適!

 

マスクはどれも良い感じ。

 

ハッカのスプレーは、このあとでもっとすごい『シャツシャワー』というものを薬局で見つけてしまった。

 

暑くて辛い夏も、こうして快適グッズを買ってみたりして。

楽しみたい。

 

夏といえば、食欲があるのかないのか、よくわからなくなり、

今まではそうめんや、アイス、冷たいものばかりを食べていた。

炭水化物ばかり食べて夏バテしていたような気がする。

 

グティが料理担当になってから、タンパク質たっぷりのごはんが

毎晩出てくる。今年の夏は栄養をしっかり摂っているので夏バテしない気がする。

 

グティの節約ごはん。うちは最近1日1食。夜だけ。

スローーーーペースで痩せてきた。

夕飯の時間までたくさん仕事ができるので効率が良い。

 

f:id:milimilisadca:20210723010007j:plain

男メシ。手羽とろタンドリーチキン。これがお気に入り。野菜&タンパク質多め
(たまにスーパーで買ったであろうお惣菜のフライがつくのも嬉しい)

 

f:id:milimilisadca:20210723010126j:plain

毎日納豆と冷や奴とぬか漬けとヨーグルトを食べていて調子がよい

 

グティのごはん、パターンが決まってきてとても良い。続けてほしい。

 

片付けは私の仕事。「どんだけ散らかしても良いから、作り続けてほしい」と伝えている。

 

グティは料理が楽しいと言っている。探求心がある。

そのうち家庭菜園やしっかりしたぬか床をこしらえそうなノリである。

しかし片付けが苦手だ。要領がまだまだな様子。

 

私は毎日献立を考えるのが大嫌いであるが、

好きな動画を聞きながら後片付けするのはとても好きである。

 

完璧な役割分担。

これを続けて、ゆっくり痩せられたら最高だな~と思う。

 

 

 今週のネコ。

f:id:milimilisadca:20210723011627j:plain

今週のエビちゃん(1歳になった)ハンモックにいつも飛び乗りに来る

 

f:id:milimilisadca:20210723011746j:plain

そのうち寝はじめる

 

ケモケモルームはエアコン&扇風機でいつも快適空間にしている。

いつだって、仕事をサボってケモケモルームに逃げ込みたい。

 

ハンモックでくつろいでいると、エビちゃんがくっついてきてとにかく暑苦しい。

 

暑いからおりてよーと言っても私にぴったりと寄り添ってくる。

真夏のモフ達。

暑苦しいのだが可愛くて、つい許してしまうのである。

 

7月7日。梅雨。

7月。雨ばかり降っている。

梅雨が本格的にうざったいのは7月だ。

 

雨が続きすぎて、災害が起きる。

 

ニュースを見ると1日悲しくなってしまう。

怒りを感じたり、気力が削られることもある。

 

ダラダラとスマホを見て、暗いニュースばかりを読んでしまうのは心に負担がかかる。

 

雨音の心地よさを味わう余裕がない事に気づき、生活にメリハリをつけようと思った。

もっと、ちゃんと仕事しよう。と思った。

 

しっかり仕事をして、しっかり休む。

これをやっていよう。

7月はこの流れが来た気がするので、乗ることにした。

 

1日のうちに、なるべく多くの仕事をこなしてみようか。無理のない範囲で。

今まで私の仕事のやり方は『先読み、先読み、リスク回避』。

いつも心はテンパり状態。

 

最近は『今はここに、集中する』を意識している。

 

すべてが終わると体はそれなりの疲労感だが、

作業のひとつひとつは辛くて苦しいわけではない。

 

こうして、自分のペースで仕事ができていることに感謝したい。

そういう気持ちで仕事ができるように切り替えている。

 

旅人のわたしは、まだまだ旅に出られそうにない。

会いたい人にも会えないから、会えない環境を、全力で味わうことにした。

今きっと、皆は怒りの中にいるだろう。

たくさんの我慢の中を生きている。

 

見たい世界だけを選びたい。

 

心の静寂を取り戻して、会えたらどんなに楽しいことができるだろうか、と

それをイメージしながら、今は、

皆の健康だけを祈っている。

 

___________________

 

7月7日。ついにニャー兄弟は1歳になった。

 

大黒(クロピー)と恵比寿(エビちゃん

ハッピーバースデー。

 

ちょうど1年前の今ごろ、

とある家のエアコンの室外機の下で眠っていて

そこの家の人たちが心無い人たちで

グティがプンプン怒りながら家に連れて帰ってきた。

 

一所懸命にお世話した。3時間おきにミルクをあげて。

排泄の手伝いをして、右も左もわかんない状態で。

 

夏だから暑いんだけど、こいつらは寒いんかな?と寝床を温めたりして。

 

わたしもミグティも、交代で頑張ってた。

睡眠時間をずらして。生活がスレ違って。

 

1年前。超慌ただしかったなあ。。

 

f:id:milimilisadca:20210709013659j:plain

家に初めて来た日。ミルクを飲んで爆睡する兄弟

 

f:id:milimilisadca:20210709013750j:plain

目が開いて、歩き出して、
毎日目が離せない生活をしてたんだよう

 

子猫だったニャー達は

ピャーピャーと泣いて、

 

寝不足でお世話していたんだ、あれから1年かぁ~。

 

 

f:id:milimilisadca:20210709012524j:plain

『ふうん、そんなこといわれても、おぼえてないよね』

 

 

元気に大きくなった。

 

それだけで充分なのに、猫たちはわたしに癒しをくれる。

 

仕事を終えて、ハンモックに寝転がるのが私の今の、一番の至福の時間だ。

そのリラックスタイムに、猫がお供してくれる。

 

f:id:milimilisadca:20210709014425j:plain

はいー、お疲れ様でした。さあさあ~、のんびりくつろぎなさいよ

 

f:id:milimilisadca:20210709014527j:plain

エビちゃん必ず添い寝してくれる。
すきまにハマりに来てくれる。可愛い。

 

 

仕事して、猫に癒される。

 

そういう生活。

 

f:id:milimilisadca:20210709015248j:plain

もっと休んだっていいんだよ~

f:id:milimilisadca:20210709015343j:plain

兄弟は仲良し。エビちゃん顔がぷくぷくしている。茶トラ白は太りやすいらしいけど、

そのとおりに丸顔の猫になった

f:id:milimilisadca:20210709015426j:plain

押し入れでくつろぐ猫たち。ドラえもんも押し入れで寝ていたような

 

もっと休んでもいいかな、と思ったりするけど

 

何だか仕事したい。

 

やるべきだろうな、でも今はやりたくないな、という事が山積みなので

一つずつ、手を付けていこうと決めた7月の始まりなのだった。

 

 

f:id:milimilisadca:20210709023107j:plain

今週のお気に入りの1枚。
『眠たみの民、香箱座り』

 

酔っぱらい日記①

過去に《親孝行バックパッカー》というのをやった事がある。


ネパールにとにかく行きたいと思って、せっかくなので登山家の親を誘ったのだ。

 

飛行機のチケットは私が最安値を手配した。タイ経由だった。

 

両親は何度かネパールトレッキングを経験していたが、それは日本からきちんと

スケジュールを立て、宿や食事は勿論、日本語スタッフやポーターの予約をし、

万全な計画を立てて、ネパール滞在をしていたのだった。


私は行き当たりばったりを楽しむタイプなので、そういうのはわからない。

 

泊まる宿は夜に勝手に決まるものだと思っていた。

そんな私のスタイルに両親を巻き込んでしまった。

 

今思うと、初日の宿をとらなかった私が悪い。

 

初めてのネパールだから、両親に「何度もネパール滞在して、慣れてるだろうから、案内はたのむぜい」と丸投げしてしまった。

 

それがどうだ、父の勘違いのせいで、空港の外に出るまで時間がかかった。


父は「自分はネパールのことを何も知らないという事がわかった」と言い放った。

初日から険悪になった。

タメルに着いたのは夕方だ。

初めての国で私は土地勘がゼロだ。どんどん日が暮れていく。

 

お腹も空いたのに、宿がない。

 

最悪な気分だ。ワクワク入国したばかりなのに。

 

藤村Dの『飯より宿』という名言が頭をよぎる。

初日からいきなり水曜どうでしょうに救われるとは。


両親はケンカ口調になっている。呆れている私の目に飛び込んできた「なんとかゲストハウス」という看板。

f:id:milimilisadca:20210701013835j:plain

目に飛び込んできた看板

 

モメる両親を放っておいて階段を上り、「3人泊まれる部屋はあるか」と久しぶりのカタコトの英語で見つけた部屋がコチラ

 

f:id:milimilisadca:20210701014643j:plain

こんな間取りだった。

母と私はダブルベッドで寝た(写真は次の宿へ出発する日の朝)


もう疲れてしまった母は「ここでいい、ここがいい、ここに泊まろう‼️」と強い口調だった。とにかく荷物を下ろしたかったのだろう。

 

最初の宿が決まって荷物を下ろし、ふうー。と一呼吸おくと、

「ここの近くで夕飯を食べよう!!美味しいビール飲もう!!」と突然嬉しそうにする両親。


ハァ、そうだった。私の親はこうだった。

ゲンキンな人達だな。とレストランへ向かうのであった。

 

f:id:milimilisadca:20210701015916j:plain

見たことない、読めないビール

f:id:milimilisadca:20210701015948j:plain

ネパール定食、ダルバート。カレーが美味しくて生き返る。

この味で「あ、ネパール絶対好きだわ私。」と安心するのであった


 


ネパールに限らず、私はこういう一悶着を「旅の原点」と味わうことにしている。


今思うと、親孝行どころか大変な目に合わせてしまったかもしれない。

この親にして、この娘あり。

素でぶつかり合い、ケンカするのは家族の醍醐味か。

 

私は揉め事は嫌いだ。

 

出来れば穏やかに俯瞰して、夫婦喧嘩をなだめる立場でいようとこの日に決めたのであった。

f:id:milimilisadca:20210701013957j:plain

トイレの使い方がわからないのをネタに、日本で待つ弟に「トイレのルールわからんし、

二人ともけんかしてるし。もう助けてくれぇ~」と初日にメールを送って眠った。