12月はゆったりと。縫い物なんて、してみたい。

どこかで誰かが言った 『冬は時間がたくさんあるから、ゆっくり縫い物ができる。』 私の仕事は冬も変わらないので、 ゆっくり縫い物をする冬、というのにとても憧れた。 時間を作るしかない。 という事で、久々にレザーを縫ってみることにした。 ニャー達(…

臨時収入を体験できた話

貯金が底をつくと、どうなるか。 私は「稼がなくては!」と奮起するのだろうか。 貯金を大事に大事に、少しずつ使い切った。 通帳の残高、5,000円。自営業。 普通に、ヤバい。 手に入ったものは ・快適な作業場 と ・豊かさを感じられる、そのためだけの空間…

欲しいものリスト、私の物欲

4年前ぐらいに 4年程 勤めていたところを辞めた。 貯金もあった。 何となく貯めるようにしていた。 貯金の使い道は『次のステップ代』というのは明確だった。 明確じゃなかったのは『次のステップ』だった。 まずはゆっくり休んで、ボーっとする時間を過ご…

早起き、ブログ、手が勝手に動くから

一人で黙々と作業している時に 瞑想だな、と思う事がある。 誰にも邪魔されない空間で、密室の中で集中できる。 この時間はとても大切で 幸せな体感と、心地よい疲労。 私が求めていた働き方はこれかもしれないな、と思う。 現状を語りながら、未来の自分の…

自分の睡眠時間について考えてみる

自分の睡眠時間について 8時間~9時間は眠りたい。 寝不足で活動するとき、特につまらない作業の時のモチベーションが 下がるからだ。 サボって睡眠をとって、夜に眠れなくなる。 お酒を飲んで、夜更かしして。お昼まで寝る。 これを何度も何度も繰り返し…

湧き出てくる願いごと

期日に縛られない。 出来た時ができた時。 そういう働き方が私の求めていたもの。 流れにのって、天気に逆らわず。 エンジン全開の日は夢中で作業をした。 何となく完成がみえてきて、ここまでだ、ここが完全だ!完成した。 こだわりは、きりがないものだか…

未完成のまま始動する

DIYでコツコツと作っていた空間が、とりあえず完成した あとは時間をかけて、育てていく こういう時に、こう手を伸ばして ここにあって欲しい物 すぐ手が届くように。 じっくりと、ゆっくりと、育てようと思う。 欲しい物が次から次へと思いつく。 物欲が出…

物々交換を楽しむ秋と。塞翁が馬

キッチンづくりが本格的に動き出したのは 8月の終わりだった。 私は暑さに負けて お店をずっと閉めている。 夏バテで休みますが 許してください、というはり紙をはって。 気ままなお店だ。それを目指している。 お店を閉めている間、オンライン通販 に挑戦…

貯金の底がみえてきた。雨の9月。

絶望しているわけではないのだ 小さな希望だけ 信じている 歯車を止めてしまった。 止めて 少し時間が経って、静かになってしまったので ちょっと不安が襲ってくるのであった。 ちゃんと動かせるかな 初動の力が出なくなってたらどうしよう なぜなら私は リ…

キッチンを作る(8月はバタバタ)

イエローの壁にします 8月が終わってホッとしている。 猛暑からの解放、 秋の風。 大好きな秋がやってくる。 私の理想の作業場・第2段。 キッチン作りに勢いがついてきた。 マチュアイエロー。めちゃかわいいイエローのペンキを見つけた。 木のかべに 無心…

夏休みの仕事

今年の8月は、夏休みどころか、とても働いている。 私は2月と8月に休める生活をするのが夢であり、目標である。 暑すぎる8月と、寒すぎる2月。 8月は、絵を描いたり、ウクレレを練習したりして、犬や猫とのんびり 早い時間からビールでも飲んで、夏の…

夏バテと、デジタルデトックス。

2021年も猛暑である。 夏には立ち向かわない。堂々と『夏バテのため、お休みします』というはり紙を 今日作ったところだ。 きっと、みんなもわかってくれるだろうということにして。 私は、占いやスピリチュアルなお話しが好きである。 好きというより、何か…

夏の始まりと、ミグティの男飯

7/16に梅雨が明けた。夏の始まりだ。 最高気温は毎日毎日、30℃超え。本当に毎日ずっと快晴である。 洗濯物がよく乾く。 それは良いのだが、3度はシャワーに入るので洗濯物も3倍に増えている。 青空を久々に見たなあ、と思った。 夏の空は気持ちが良い。 北…

7月7日。梅雨。

7月。雨ばかり降っている。 梅雨が本格的にうざったいのは7月だ。 雨が続きすぎて、災害が起きる。 ニュースを見ると1日悲しくなってしまう。 怒りを感じたり、気力が削られることもある。 ダラダラとスマホを見て、暗いニュースばかりを読んでしまうのは心…

酔っぱらい日記①

過去に《親孝行バックパッカー》というのをやった事がある。 ネパールにとにかく行きたいと思って、せっかくなので登山家の親を誘ったのだ。 飛行機のチケットは私が最安値を手配した。タイ経由だった。 両親は何度かネパールトレッキングを経験していたが、…

夏至。ぬか漬けでビール飲み比べ。

夏至。またひとつ年を取った。40才。 この私が40代。こんなに未熟で良いのだろうか。 20代の私は、違う人と暮らしていて、20代の家族というのがあった。 30代の私は、ミグティと結婚して、ミグティと家族になった。 そして40代がきた。40代は自分と結婚しよ…

6月の停滞

6月。何も際立っていないが、心は穏やかで豊かさを感じている。 何かが停滞している。 その何かは特に解明していない。 停滞を味わって、飽きたところに居る。といった感覚だ。 『果報は寝て待て』『それも心地よく、寝て待て』 ただそれを実践していたら、…

ハンモックの季節がきた

5月も終わり。 網戸から入ってくる風を感じるのが心地よい季節になってきた。 私の数少ない宝物のひとつである、ハンモックの出番がやってきた。 まだ二十歳くらいの頃、オーストラリアのマーケットで一目惚れして、 何度もマーケットが開くたびに見に行った…

5月の緑と炭酸革命

5月の雨の日 5月になった。相変わらずマイペースに過ごしている。 緑が目に優しい。 春も悪くないな、と思ったり。 はみだした緑 緑で覆われた廃墟みたいなところに住んだら面白いかなぁ。 犬も猫も走り回って。気持ちよく過ごせないかなあ。 人嫌いが加速し…

草むしりは瞑想である

草むしりの季節がやってきた。 まだ小田急線に揺られてカフェ勤めをしていた頃、いろんな場所の草むしりをして お小遣いをもらっていた。 草むしりなんて、地味で、疲れて、汚れるし、蚊は寄ってくるし、夏は地獄の暑さだし、 最初はあまり好きではなかった…

双子ですから

うちの兄弟は相変わらず仲が良い。 なんや 仲良くならんで じーっと見つめられています クロピーのほうが食い意地が張っているように見えるのですが エビちゃんの方が顔が丸い。丸顔。私と一緒ね。 ニャー達は9か月になった。 最近まで子猫だったはずなのに…

春にテンションが上がらない

富士山に羽根が生えたような面白い雲 春が来た。3月の終わりに22℃の日があった。 半そでと裸足が心地よい、この気温が好きだ。 虫を見かけるようになったし、雑草がいつの間にか伸びている。 春には春の面倒くささがある事も思い出した。 でも、冬が終わる…

春の妄想

ようやく春の気温になってきた。冬が終わると嬉しくなる。 お昼ごはんをタッパーに詰めて、スープジャーにオニオンスープ入れて。 近所の山っぽいところで食べた。 お手軽ピクニック。春を感じに来た。 気になる木があった お腹が満たされて、しばらくぼーっ…

ニャー達、去勢手術をした

2021年2月。ニャー達、生後7ヵ月。 2月23日の天皇誕生日。去勢手術を無事に終えました。 とっても親切な動物愛護病院で、2匹とも一緒の日にしましょうとの事。 ヤンチャ盛りの全盛期みたいな兄弟ですが、去勢手術の後どんな性格になるんだろ? クロピーは…

2時間キャンプ

キャンプをするなら冬である。 ミグティが保冷庫でキャンピングカーを自作した。 隙間風がない、快適空間でテレビもある。ネットカフェより居心地が良い。 『キャンプが好きだが、片付けが面倒くさい』 という意見が一致している私たちの行きついた答えが、…

朝の瞑想と「ゆふー」について

✶ 今朝の瞑想で浮かんだ言葉 ✶ 「ごちゃごちゃに散らかったのを整えると気持ちが良い、それは仕事である。 仕事はしなくても何とかなるが、仕事をすると自分が如何に素晴らしいかという事に気がつく。」 「何もしなくても、そのままでも本来素晴らしいのだが…

冬の太陽との時間を買う

平日はマイペースに仕事をして 日曜だけ、朝から一生懸命、労働する。 という生活をしている。 今週の日曜は、お休みすることに決めた。 「今週は休みなさい」と、天気予報が言っているからだ。 風も強いとみた たまにこういう週が訪れると、私は丸々1週間…

SNS断ちと、年賀状に思う事

年が明けた。2021年。 年明け早々に「SNS断ち」というのをしようと思った。 私はFacebook、Instagram、Twitterすべて仕事で使っているので、 個人的な内容を発信することをやめてみようと思った。 猫自慢のストーリーズ、何かを制作したことを日記のように見…

子供の時から変わらないこと

地球に遊びに来ている。 100年くらい地球に遊びに行ってこよう。そう私が決めたのだ。 親も選んだ。『イージーモードとハードモードの間くらいがいい』 その時に楽しそうな夫婦を見つけて、そこに決めた。 「100年遊んでくるねー!いざ、地球へ!行ってきま…

リラックスのプロ

ずっと自営業のミグティを見ていて、時間に追われない生活にあこがれて 一年前、わたしも自分で仕事を始めた。 自分の時間を自分のために使っている感じが性に合っている。 もっと早く始めればよかったな、と思うくらいである。 今の課題は、頑張りすぎてい…