12月はゆったりと。縫い物なんて、してみたい。

どこかで誰かが言った

『冬は時間がたくさんあるから、ゆっくり縫い物ができる。』

 

私の仕事は冬も変わらないので、

ゆっくり縫い物をする冬、というのにとても憧れた。

 

時間を作るしかない。

という事で、久々にレザーを縫ってみることにした。

 

f:id:milimilisadca:20211210211708j:plain

ニャー達(特にエビ)にかじられたりして、ボロボロになったスマホカバー

 

なんだか昔はよく作っていたのだけど、自営業を始めてから趣味の時間が

なかなかとれず、

というか、面倒くさくてずっと道具は引き出しの奥底に眠ったまま。

 

突然『スマホカバー縫うか!!』と気まぐれヤル気スイッチが入ったので

ずっと使わずにいた革や道具を引っ張り出してきた。

 

f:id:milimilisadca:20211210212138j:plain

色と質感があまり好みじゃなかったので使えなかった革たち。
ひらめいたので、スマホカバーの型に切り出してみる

 

磁石とかも全部、再利用。

あれ、どうやって縫うんだっけ? とつぶやくぐらいには、やり方を忘れかけていた。

 

f:id:milimilisadca:20211210212424j:plain

今回買ったものはこれだけ。セリアで買ったGボンド

 

どういうデザインにするか、というのが一番時間がかかった。

 

ポケットは3つくらいあったら便利そうだな、

というのと、クロコダイル風味の型押しの難しさをどう活用してやろうか。

 

などと考えていると、びっくりするほど時計が進んでいた。

 

時間が経つのが早すぎる。

趣味に没頭すると、あっという間に深夜になるから注意が必要だ。

 

 

その昔、冬のあいだ ずっと毛糸の靴下を編むおばあさんを知っていた。

一日の暇な時間だけを使って縫っていた。

 

一日で仕上げたくなるのが、私の良くもあり悪くもあるところだ。

 

もっと『レザーを縫うことをのんびり、ゆっくり、味わう』スタイルにするべきなのだ、

そう思って 間を1日、寝かせてみたり。

 

菱目打ちは、なかなかうるさい作業だ。

 

暗くなってからだと近所迷惑になるので

明るい時間に打っておこう。

 

夜の暇な時間に、『縫う、紅茶でも飲みながら、冬の縫い物タイム。』

という考え方にした。

 

 

でも一気に縫い上げるのが楽しくて、結局 3日で完成してしまった。

 

f:id:milimilisadca:20211210213144j:plain

もっとゆっくり縫えば、完成までの道のりを楽しめたのに。。

 

f:id:milimilisadca:20211210213235j:plain

ピュアホースオイルがもうなかったので、ホホバオイルをうすく塗ってみる
(良いのかはわからない)

 

f:id:milimilisadca:20211210213357j:plain

後ろもポケットをつけたのだが、カメラの穴の事をすっかり忘れていた。完全に設計ミス。

 

チワワに見つめられながら、『冬の縫い物』を堪能中!!

 

 

f:id:milimilisadca:20211210214336j:plain

ミリ姐さんは最近よく寝ている。

f:id:milimilisadca:20211210214405j:plain

大人しいチワワになったもんだ。なんだか笑っている。

 

f:id:milimilisadca:20211210214626j:plain

ニャー達はいつも勝手に遊んでいる

f:id:milimilisadca:20211210214644j:plain

寝袋の良さに速攻気がついたエビちゃん




なんだかあっという間に出来てしまったな、

『秋の夜長』とか、『冬にゆったりと』とはいかなかった。

 

終わるまでやめられない。そういう性格なのだ。

 

f:id:milimilisadca:20211210214748j:plain

最後のコバみがきを楽しむことにした

 

あとはゴムのスマホカバーをボンドでくっつけて、

カメラの穴の位置をぴったり合わせて、

 

カメラをのぞいて四つ角に影がないのを確認して、完成!!!

 

と、使い始めた。

 

するとミグティに、『Gボンドは1日圧着しないとだよ!』と言われ

結局 明日まで使えない、私の即席スマホカバーなのであった。

 

でも思いのほか、気に入ったものができた。早く使いたい!!

 

f:id:milimilisadca:20211210215737j:plain

『ボンド乾くまで我慢しな!』とレンガをのっけられた私のスマホカバーちゃん

 

次はいつ、どんな気まぐれヤル気スイッチが入るのだろうか。

自分でもよくわからない、そんな私の趣味のひとつなのだった。